So-net無料ブログ作成
前の8件 | -

熊切あさ美 破局 号泣 批判 [◆ 熊切あさ美]

上方歌舞伎のプリンスでテレビドラマや映画にもひっぱりだこの歌舞伎俳優・片岡愛之助と女優・藤原紀香、タレント・熊切あさ美の“三角関係”をめぐる報道がヒートアップしている。

 事の発端は今週28日発売の週刊誌「女性セブン」(小学館)で、愛之助と藤原の熱愛&同棲が報じられたことだった。同誌発売前日の27日、8~9月に東京と大阪で上演される井上ひさし作・栗山民也演出の舞台『もとの黙阿弥』の製作発表会見に出席した愛之助は、藤原との関係について報道陣から聞かれ、「友達です」と交際を否定。さらに同日夜にはブログを更新し、「報道に同棲とか合鍵とありますが、その様な事実は一切ありません」と綴った。

 一方、2013年に愛之助が交際宣言し現在も交際継続中とみられていた熊切は29日、テレビ番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に出演し、「(愛之助と)別れ話になったことはない」「(同棲しているマンションに愛之助の荷物が)あるから、出て行ったと思っていない」などと破局を否定。さらに愛之助と藤原の熱愛報道について「本当のことはわからないけど、(報道が)出ちゃっているから、それが現実なんだろうなと思いました」と涙ながらに語った。週刊誌記者が語る。

「『ミヤネ屋』内で司会の宮根誠司は愛之助から直接聞いた話として、愛之助が4月に電話で熊切に別れを告げていたことを明かしましたが、熊切自身もここ2カ月ほど愛之助に会っていないと告白しており、すでに破局しているとみるのが自然ではないでしょうか。実際に愛之助は最近、歌舞伎関係者など近しい周囲の知人に熊切との交際について聞かれると、『とっくの昔に別れてますよ』と話していたようです。さらに引っかかるのは、『ミヤネ屋』内で芸能リポーターも指摘していた点ですが、出演時の熊切のネイルです。熊切は愛之助との交際スタート後に愛の証として、愛之助の本名と熊切のイニシャルをあしらった“ラブリンネイル”を常に着けていましたが、熊切は今月ブログでそのネイルをやめたことを報告。これを受け芸能記者の間では破局も噂されていましたが、なんと今回『ミヤネ屋』出演時には“ラブリンネイル”が復活していたのです。これでは、一度は別れを認めた熊切が、テレビで破局を否定して話題を集めるためにわざわざ“ラブリンネイル”を着けたとみられても仕方ないでしょう」

 また、別の週刊誌記者が語る。

「破局報道を受け熊切の所属事務所は『(愛之助と)付き合っています。一緒に住んでいます』とコメントしていますが、そもそも事務所が所属する女性タレントが同棲している事実をアピールするなど異例です。正直、今の熊切のタレントとしての一番の売りは“愛之助の恋人”という点であり、それがなくなれば熊切の今後は厳しいという危機感を事務所が強く持っていることがうかがえます。熊切としては、愛之助の後援会をはじめとする関係者が交際をよく思っていないという逆風にこれまで耐え、結婚も待たされてきたという思いが強くあるため、どうしても破局を認めたくなくて悪あがきしているのではないでしょうか」

●一般女性の厳しい声

 いまだに真相がみえない愛之助と熊切の関係だが、熊切の『ミヤネ屋』における“涙の告白”に対して一般女性からは厳しい見方が聞こえる。

「熊切は愛之助と藤原に関する報道が出るとわかって以降、愛之助からかかってくる電話に出ず、その理由を『出られるような状態ではなかったから』と説明していますが、テレビで話せるくらいなら電話でも話せるのでは。そもそも愛之助から電話がきているのであれば、テレビで勝手にペラペラ話す前に、まずふたりできちんと話すべき。34歳にもなって泣きながら『(破局を)受け入れたくなかった』などと語るのは、とても大人の振る舞いとはいえず幼稚だと思います」(40代女性)

「熊切の『まだ(愛之助を)信じていたい。信じて待ってる』『自分の知っている彼じゃない』というセリフが、悲劇のヒロインぶっていると感じました。ラブリンネイル復活の件を考えても、“涙の告白”はただの薄っぺらい演技で売名行為っぽいですね」(40代女性)

「2カ月も直接会っておらず、さらに愛之助は東京に帰った後も同棲する部屋に帰らずホテル暮らしをしているという事実から、世間一般的な恋愛の常識ではもう破局していると考えるのが普通です。もう愛之助の心が自分から離れているのがわかっているにもかかわらず、それを受け入れたくないだけなのでしょう」(30代女性)

マタニティー水着 [◆ マタニティー水着]

マタニティー水着

マタニティー水着は妊娠している女性専用の水着です。最近は妊娠中にも筋力をつけて安産になるために、マタニティースイミングに通っているという人も増えています。マタニティースイミングに通う場合に必要になってくるのが妊娠していても着られる水着です。最近のマタニティーの水着はとてもおしゃれでスポーティーなタイプのものや可愛いものなども色々と販売されています。特に、セパレートのタイプで上がお腹の部分まで隠れるチュニックのようにフィットするデザインになっているもので、下がボトムスとしてハーフパンツのようなものがついているタイプの水着はとても重宝します。
マタニティー水着としても着用できますし、産後も着用できるようにと、サイズ調整ができるようになっているものなども販売されていますから、そちらを選ぶようにすればマタニティー水着としてだけでなく出産後も体型カバーをしながら着ることができるのでいいと思います。
マタニティー水着は水の中でお腹が大きくても動きやすいように、少しフィットしながらも余裕のあるものを選ぶのがいいと思います。マタニティー水着を専門に販売しているところもあれば、最近はインターネットで水着専門店にもマタニティー水着を取り扱っているというところがありますからいろいろです。
これから出産を控えている女性にとってもお腹の赤ちゃんにとっても、マタニティースイミングをするということはとてもメリットの多いことです。

補正水着 [◆ 補正水着]

補正水着

補正水着は体のラインをきれいに見せることができる水着です。何とボディースーツを内蔵している水着のことをいいます。ボディースーツと言えば普段下着としてつけるだけで体のラインをきれいに見せてくれますから、体のラインが崩れてきたと思っている人はボディースーツをつけると思います。水着を着た時も同じようにボディースーツをつけることができればいいという考え方から、ボディースーツが内蔵されている水着があるのです。それが補正水着と呼ばれているものです。パワーネットを使って全体的にきつめの構造になっていますから、かなりシェイプアップしたように見えるというのが特徴です。太ももの周りなどにもパワーネットを使っているのでかなり締め付け感があります。普通の水着を着ている時よりもお腹の贅肉が引き締まって見えるので、着るだけで痩せて見える魔法の水着です。
補正水着を着る前と着た後ではずいぶん見た目にも違っているので、着用前着用後の姿を鏡などで見ると驚く人も多いのではないでしょうか。いろいろなブランドやメーカーから補正水着が販売されているのですが背中の部分以外はパワーネットなどで作られていて、かなりきつめの構造になっていますから、お腹が気になるという人もこの水着をつければかなり引き締まって見えると思います。
特に、40代50代などの女性が補正水着をつけて最近はスポーツジムなどでウォーキングをするという姿も見受けられますから、人気のある水着の一つです。

タグ:補正水着

ビキニラインの脱毛と形 [◆ ビキニラインの脱毛]

ビキニラインの脱毛と形

ビキニラインの脱毛をする際には、脱毛後のラインの形についても理解しておく必要があります。ビキニラインの脱毛をする場合、仕上がりの形状はどのようなものかや、脱毛範囲については口にしづらい質問だと感じるかもしれません。納得のいく出来上がりのためにも、脱毛前にはっきりさせておきたいものです。どこまでのエリアをビキニラインというかは各エステサロンによって微妙に異なっていますので、脱毛をしてもらう前に明確にしておきましょう。ビキニラインの形については、一般的に逆三角形、スクエアー型、細I型などがあります。エステによって用語の使い方に差が生じることもあるといいます。

逆三角形に仕上がるように脱毛をしていく形が、逆三角形型と呼ばれる脱毛のやり方であり、最も定番のものでしょう。ビキニラインの脱毛初体験という方に向いている形です。スクウェア型は仕上がりが縦長の長方形から楕円形に近い形状になります。幅は人によりますが4~5㎝程度で、大幅な脱毛をしたくないという人向きです。ビキニラインの広い脱毛に抵抗感がない方は細I型という思い切った脱毛をします。スクエアー型と同形ですが、幅は1㎝~2㎝となります。外国の上流階級にも愛されています。ビキニラインの脱毛をするのは、水着や下着、ズボンを身につけた時に見苦しくないためです。身につける頻度や身につけるものの好みによっても、どのくらいビキニラインを脱毛すべきかは違いが出てくるようです。

水着の無地 [◆ 水着の無地]

水着の無地

水着にはいろいろなデザインがあります。形が少し特徴的なものもあれば、柄が入っていて柄にインパクトがあるものなども販売されています。無地の水着というのはシンプルなのであまり選ばないという人も中にはいるかもしれません。無地の水着は確かにシンプルで、何のおしゃれもないでしょうしね。でも着こなし方によっては綺麗なシルエットを強調することができるのです。無地の水着というのは、形やデザインがシンプルですがそれがポイントになっていて、柄がないということはほかにもいろいろと工夫次第で楽しめるということにもつながるんですね。
例えばアクセサリーを楽しむこともできますし、小物を楽しむこともできますし、柄がないからこそ、無地だからこそできる水着のおしゃれの楽しみ方があるのではないでしょうか。水着が無地だと下に合わせるパレオの柄も何でも合いますし、はおるものなども何でも合います。着るものによって雰囲気を変えられるので同じ水着でも長い期間着ることができて重宝するのではないでしょうか。
アクセサリーも色々と工夫次第で可愛く変えることも可能です。無地だから地味というのではなくて、無地だからこそ楽しめる、ファッションをオリジナルで自分好みに何とでも変えられるというメリットがあるということを覚えておくといいと思います。
自分好みにいろいろと手を加えて水着を楽しみたいと思っている人にとっては、無地の水着が一番ぴったりだと思います。色は自分に合ったものを選びましょう。

水着とフィットネス [◆ 水着とフィットネス]

水着とフィットネス

フィットネスをする際に着る水着というのは、どのような水着を選べばいいのでしょうか。フィットネスやスポーツジムに通っている人の水着というのは、普通のファッション水着ではいけません。体を鍛えるためにしっかりと泳ぎたい、競泳したいと思っている人などはやはりスポーツメーカーが販売しているような水着がお勧めです。本格的に水の中での競泳用に使う水着も販売されていますし、最近はアクアビクスや水中ウオーキングなどが人気ですが、それを目的にして作られているような水の抵抗も計算して作っている機能の高めの水着なども販売されています。
スポーツメーカーが販売している水着はやはり、スポーツに精通しているブランドが販売しているからこそ研究されてつくられていますし、着ごこちなどを考えてみてもとてもおすすめではないでしょうか。日本のスポーツメーカーが販売している種類になると、日本人の体格なども研究して開発したうえで作っていますからなおのことお勧めです。フィットネスクラブできるための水着やスポーツクラブで着るための水着、競泳用や水中ウオーキングに着るための水着などを探しているという人はスポーツブランドの水着を選ぶようにするといいでしょう。
スポーツブランドの水着は素材もしっかりしていますし、最近はいかにもスポーツ系というような感じではなくてデザインも色々と考慮して作られているので、女性でも着やすい水着が多数販売されていますし、水着を選ぶ際に種類も豊富なのがお勧めではないでしょうか。

水着とリゾート [◆ 水着とリゾート]

水着とリゾート

リゾートな気分を味わうための水着としては、やはりタンキニがいま一番の人気だと思います。なぜリゾートにタンキニかと思う人も多いかもしれませんが、そもそもタンキニというのはタンクトップとビキニが合わせてある水着です。海にはいったりプールで遊ぶときにはビキニで遊んで、そして水から上がってリゾート気分を満喫するときにはタンクトップを着れるのでスムーズに遊びに行くことができます。また下にショートパンツなどもセットで販売されているものがあり、ビキニ、タンクトップ、ショートパンツ付きの水着のタンキニセットになれば、そのままカフェなどにはいって食事をすることもできるのでリゾートで遊ぶのに着こなすには丁度いい優れた水着です。
ビキニだけだとあがってから何かTシャツをはおったりしないといけませんし、Tシャツをはおるとなるとやはり水にぬれてしまいますからそのままでいることができませんし乾きも遅いと思います。リゾートではそのままでホテル内をうろうろすることもあると思いますし、カフェなどに行くという機会も多いと思いますから1日中着ていられるようなタイプのものを選びたいですよね。
タンキニのようにタンクトップ、ビキニ、ショートパンツやスカートがセットになっているととても便利ですから、これからリゾートへ行くという人やリゾート地での水着選びに困っている人などはセットアップタイプやタンキニタイプを選ぶといいかもしれませんね。

水着の素材 [◆ 水着の素材]

水着の素材

水着にはいろいろな素材があります。水着を選ぶときにはデザインを見て選んだり、色を選んだり、使う目的に合わせて選んだりすると思うのですが、それと同時に素材についてもきちんと見たうえで選ぶ必要があります。
やはり値段的に安めの水着というのは素材が薄かったり、素材がすぐに穴があいてしまうようなものであったり、なんとなく違和感のある素材で作られているということもあるといわれています。たとえば、東レが販売している水着は色々と機能性が優れている水着でカルライトという素材が使われているのですが、水着の生地に水が吸収されにくい素材で作られているので、プールや海で泳いでから、水着を持って帰るときにも水があまり吸収されませんからとても楽です。
他にもサンドプルーフと呼ばれているような素材で作られている水着の場合には濡れた状態で砂の上に座ったとしても砂がつかないような素材として知られていますし、サンオイルといった油なども付きにくい素材です。
他にも、東レが販売していう繊維のSALAKALAという素材で作られている水着の場合には、保温性が高くて体が冷えない素材で作られています。また肌ざわりもさらっとした感じで人気があります。
このように、水着といっても色々な素材で作られていますから選ぶ際には水着の素材までしっかりと選んだうえで購入を検討するようにしましょう。そうしなければ水着を購入して実際に着てみてから違和感を感じたり、あまりいい素材ではなかったとがっかりすることもあるかもしれません。

前の8件 | -
クーロンとは

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。